フルスタックエンジニアって言葉知ってますか?

フルスタックエンジニアとは

次のサイトにフルスタックエンジニアについて説明がありました。

要は、設計、インフラ(DB,ネットワーク)、アプリケーションのすべてができる人のことである。

careerhack.en-japan.com

フルスタックエンジニアになれるの?

フルスタックエンジニアになることはできるの?

もちろんなれるとは思いますが、意識を高くもつ必要があると思います。

例えば、次の内容が馬鹿馬鹿しいと思わない人なら大丈夫でしょう。

フルスタックエンジニアの働き方

エース級の人なのでみんなから頼られること間違いなしだと思います。

基本的にフルスタックエンジニアの人が中心になってプロジェクトが進んで行き、たくさんの賞賛が得られると思います。

フルスタックエンジニアは会社に必ず必要

答えはNo.だと思います。居ればすごいと思いますが、別に一人の人がすべてできる必要はないと思います。できないことはできる人がやればいいのです。

できないこともできるようになったほうが「かっこいい」と思う人は頑張ってフルスタックエンジニアを目指してみましょう!

それ以外の人は、できることをコツコツと積み上げてその道のエキスパートになればいいと思います。

フルスタックエンジニアになる方法

まずは、家で開発環境を作ってみましょう。(Goを実行できる環境とか)

その後は、実際にものづくりをしてみましょう。

自宅にサーバを立ててみましょう!(ミドルウェアなども自分で設定してインターネット上に公開)

これらのことは本を読むやブログを読むだけではダメで、必ず実行する必要があります。経験だけが技術になるので。